パソコン環境整備 OpenOfficeのインストール方法

こちらは既にエクセルのソフトがパソコンに入っている人には関係ないですが、エクセルがパソコンにない人は是非読んで下さい。

エクセルはデータ管理や輸入代行業者との仕入で今後使うことになるので、必須のソフトです。

通常、officeのWord、Excelがパソコンに初めからインストールされていることがほとんどですが、コストパフォーマンスを追求したパソコンなどには、価格を抑えるためこういったソフトが入っていません。

仮にOfficeをインストールするにしても、1万円を超えてきます。

48

こういった経費を出来るだけ抑えてビジネスを始めたいと思う人は多いはずです。

そこで役立つのが無料で利用できるOpenOfficeです。

このソフトはExcelに相当する無料の表計算機能から、Wordに相当する文書作成機能が備わっています。

ファイルを互換して読み込めるので、相手がExcelのシートであっても、このソフトで表示・編集が可能です。

また不正終了時に作業中のデータを復旧する機能も備わっているので、急にパソコンが切れてもこれなら、安心して作業に取り組めます。

 

インストール方法

 

まず、OpenOffice 公式サイトで、ダウンロードをクリックします。

61

 

 

「Windows用」をクリックします。

52

 

30秒ほど待つと以下のような画像が表示されるので、「次へ」をクリックして下さい。

53

 

そして、「展開」をクリックします。
※出力先フォルダは変更する必要はありません。

54

 

「次へ」をクリックして下さい。

56

 

このような画像が出てくるので、少し待ちます。

55

 

以下のどちらかを選んで、「次へ」をクリックします。
※ユーザ名・所属は未記入でもOKです。

57

 

「通常」を選択して、「次へ」をクリックします。

58

 

「インストール」をクリックします。

*デスクトップ上にスタートリンクが作成されると、アイコンが表示されるので、便利です。

59

 

完了をクリックしてインストールが完了です。

60

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ