Amazonでの価格変動を調べる

出品者が多く参入して、価格競争が起こっているかを詳しく確認するために便利なのがこのサイトです。

プライスチェック:PRICE CHECKはアマゾン(Amazon)商品の価格変動を見るサイトです。

10

もうお馴染みの【ノーブランド品】モンテカルロ 13.5g ポーカーチップ 25枚セット ブラック $100をこちらで検索することにします。

使い方はシンプルで検索窓に商品名をいれて検索をクリックするだけです。

 

12

検索結果が出てきました。

それでは商品をクリックします。

 

1.

13

 

2.

14

 

1.ランキング変動グラフ

2.新品価格変動グラフ

クリックして出てきたこの2つのグラフこそがAmazonで既に出品されている商品を仕入れるか否かの判断材料となります。

 

まず、価格競争が起こった商品はグラフが反比例していくということを覚えておいて下さい。

出品者が増え、価格競争が始まり、価格が下がっていく。

結果、安いので、消費者が購入して、売れ筋ランキングが上がっていく。

それに伴いアマゾン内で、上位表示されるようになるので、露出度も高くなり、販売数も増えます。

 

価格競争も激しくなると、利益が薄利になるため出品者数はどんどん減っていきます。

7月初旬には、10人の出品者がいましたが、8月初旬には5人に減っています。

経験上、人数がまた減ったとしても、ここから元値の1800円台に戻るということはほぼありません。

ですが、先ほど利益率を計算しましたようにまだ49%の利益は確保できそうなので、仕入れてもよさそうです。

ただ注意が必要なのは、中国からの仕入れには、14日前後の日数がかかることです。

14日経って、Amazonに出品した時には、さらに販売価格が下がっている可能性もあります。

それらを総合的に考慮して、仕入れるかを判断して下さい。

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ