輸入代行業者を選ぶ3つのポイント

代行業者を選ぶ3つのポイント

 

 

1.メールの回答など対応の早い業者さんであること

 

手数料などを最優先事項とはしないことなどが挙げられます。

 

 

例えば、代行手数料の10%の10日で到着するAの業者さんと代行手数料5%の3週間で到着するBの業者さんとでは月の回転率が違ってきます。

 

Aの代行業者のケース

 

商品が到着してから出品作業こなして代金回収までに10日ほどかかります。

 

 

実際には全部売り切れなくても半分程度売れてくれれば仕入れ代金を回収できるはずですので、次の仕入れ行うことができます。

 

10日で届けてくれる業者さんを利用すると月に2回転させることができます。

 

代行手数料10%、商品が2倍で売れたと仮定すると

1回目の仕入分仕入れ

3万円+代行手数料3千円⇒売り上げ6万円

 

 

1回目の売上を全て2回目の仕入れにまわしたとすると

2回目の仕入れ分

仕入れ6万円+代行手数料6千円⇒売り上げ12万円

合計すると

仕入れ3万3千円+6万6千円⇒売り上げ18万円 8万1千円の利益

 

 

Bの代行業者のケース

 

かたや3週間かかる業者さんでは、月で見ると一回転分の販売と2回目の仕入れの送金をしたところで時間切れといったところです。

 

代行手数料5%商品が2倍で売れたと仮定すると

 

仕入れ3万円代+代行手数料1,500円⇒売り上げ6万円  2万8,500円の利益

 

商品回転率を意識することの大切さは理解してもらえるでしょうか。

 

またストックする在庫量にも影響が出てきますよね。



 

売れ筋の商品はできるだけ在庫切らさないように販売したいものです。

 

10日で届けてくれる業者さんの場合は1週間分の在庫を持てば間に合います。

 

3週間かかる業者さん利用の場合では20日から30日分の在庫持たなければなりません。

 

また、アパレル品に代表される季節商品を扱いたい場合などでも対応が早くないと商品の鮮度に影響が出ます。

 

売れる時期を逃すと不良在庫にもなりかねないので、対応の早さが肝となるのは十分理解できたと思います。

 

さらにメールの対応の早さにも同じことが言えます。

 

トラブル等が起こった時や、注文の変更などを伝えたい場合は対応が早ければ、最小限のリスクで抑えられます。

 

またメール1つ連絡が遅れるだけで、商品の到着まで1日以上の遅れもあるので、そちらも代行を頼む前にチェックしておきましょう。

 

 

2.輸入代行にかかる各種料金コスト

 

輸入代行では様々な経費が必要です。

 

「中国国内送料」「EMS送料」「場合により関税・消費税」「取引金額の%の代行手数料」「為替レート差額」

 

この中で代行業者の主な収入源は、代行手数料と為替レートの差額です。

 

こちらの設定料金が他の高ければ、総じて最終的な代行料金が高い傾向にあります。

 

ちなみにほとんどの代行業者では為替レートは1~2円の差額を設けています。

現在のレートはこちらから

YAHOO!ファイナンス

 

代行手数料に至っては、購入代金により違ってきますが3%~15%と手数料も様々設定がされています。

 

しかし、先ほども述べたように代行手数料や設定為替レートが高いからといって、その代行業者を選択肢から外すのはやめてください。

 

検品などのサービス面が充実させるために価格設定を高くしているなど様々な理由が挙げられます。

 

また、事前にチェックしておきたいのがEMS送料です。

 

各代行業者で料金が大きく違います。

 

例えばEMS30kgの料金だと、620元から~1720元と非常におおきな開きがあるので、こちらも是非ともチェックしておきたいですね。

 

 

3.信頼できる輸入代行業者かどうか

 

中国人が主体で運営しているような代行業者には注意が必要です。

 

やはり、中国人のサービスは日本人の細やかなサービスには到底敵いません。

 

メールでの状況報告が行き届かないことや梱包の雑さなど随所に中国クオリティが散見されます。

 

これは事前にメールのやりとりや、サイトを更新した記事などの情報を隅々まで見ればどうにか判断できます。

 

しかし、日本人が中国人スタッフを雇っているという場合もありますので、どの代行業者を利用するにあたっても初めは小ロットでテスト注文をして信頼できるかを見極めるのが一番の方法です。

 

また取引を重ねていくうちに信頼関係も築け、優先して対応してくれるようなこともあります。

 

まずは、いくつかめぼしい代行業者を選んで、その中から選ぶことをオススメします。

 

たとえネットでの評価が良くても、担当者の振り分けによってはサービスの質が均一でないこともありますので、それらも総合的に見て判断して下さい。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ