淘宝网(タオバオ)輸入の仕入れポイント

はじめに

 

淘宝网(タオバオ)と天猫(Tmall)実は大きく分けてBtoCの淘宝网(タオバオ)と、BtoBの天猫(Tmall)に分かれています。

 

また、2年という短い期間で、すぐにオンラインショッピング市場を制覇し、中国のオンラインショッピング市場シェアの約70 %”、中国の市場のショッピングサイト上ではシェアを独占状態です。

 

ちなみに“淘宝(Taobao)”の意味は、“見つからない宝物はない、売れない宝物はない”という意味で商品の豊富さを表しています。

 

近年稀にみる巨大な成長を遂げたショッピングサイトから商品を仕入れていくのですが、壁となるのは中国語です。

 

しかし、要点さえしっかり理解しておけば、壁というほどのものではありません。

 

タオバオのサイトで仕入れの時にチェックすべき項目を解説していきます。

 

 

商品ページの見方

 

まず、タオバオの商品ページの見方について解説します。

 

以下の11項目については最低限確認するようにして下さい。

97

①商品名     ②価格     ③店舗所在地    ④累積商品評価数        ⑤累積販売数    ⑥商品の種類    ⑦在庫数   ⑧店名  ⑨店舗評価      ⑩阿里旺旺(アリワンワン)*チャット   ⑪評価(商品説明、サービス、発送)

 

 

 

 

タオバオの仕入チェックポイント

 

1.価格を見る

 

当然、出来るだけ最安値の商品を探して下さい。

 

¥と記載されていますが、中国元の値段です。

 

どこの国でも長期休暇の前などはセールを始めるので、そういったタイミングで売れ筋の商品があれば大量に仕入れるのも策です。

 

 

2.店舗評価を見る

hyouka

みなさんもネットショッピングをする際に、1つの買う基準とするのは評価ですよね。

 

タオバオではその評価が一目見ただけで、わかるようなアイコンで表示されています。

 

上のハートから下の王冠にいくにつれて、評価が上がっていきます。

 

購入者が良い・普通・悪いの三段階の評価(5点満点)をつけて点数が累積するにつれて評価が上がる仕組みです。

 

左の数字はその基準点となります。

 

僕の仕入れの基準としては、ダイヤ以上の出品者との取引をオススメします。

 

ダイヤの出品者でも、そこは中国人なので、梱包などが雑だったりは、かなりあります。

 

評価しているのも中国人だというのは、踏まえておいて下さい。

 

どうしてもハートの出品者と取引をするときはかなり商品の単価の低い時にだけしましょう。

 

 

3.商品の種類を見る

 

ショップによっては同じ商品でも取り揃えが異なることもあるので、注意が必要です。

 

仮にセットでシャツ(赤・白)の販売を考えていて、2店舗にもにもまたがって商品を仕入れるのでは、配送代コストが余分にかかることがあります。

 

できるだけ1店舗の品揃えがいいショップを探すようにしましょう。

 

 

4.在庫数を見る

 

商品の種類で在庫数確認することができますが、在庫数を適当に記載しているショップは多いです。

 

仮に100個の在庫が表示されていても、注文してみれば、在庫が0だということは多々あります。

 

そういったことも考慮して発注するようにして下さい。

 

 

5.阿里旺旺(アリワンワン)

98

簡単に説明すると、チャットです。

 

中国人の消費習慣として、コミュニケーションが重んじられており、このサービスがタオバオの人気の理由の1つです。

 

タオバオのアカウントを持っていれば、阿里旺旺を通じて買い手と売り手は取引に関してのチャットができます。

 

のチャットを利用すると、在庫など簡単な確認作業はできるので、利用することでスムーズな仕入れが可能になります。

 

簡単な英語でもやりとりはできるショップも多いので、利用していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ