商品リサーチ編 はじめに

この章では、商品リサーチについて解説していきます。

 

早速ですが、このビジネスで一番大事なのは、商品リサーチです。

この作業が最も時間を使い、最も力を入れるべきだと念頭に置いて下さい。

 

自分の根拠の無い判断で、どれだけ商品を仕入れたとしても需要のない商品は売れません。

ある程度の売れる見込みがある商品をしっかりとリサーチすることがとても重要です。

 

輸入の基本的なルールは「小さく・壊れにくく・軽い」商品を仕入れるように心がけましょう。

商品の破損リスクや配送コストの削減になり、高い利益率を確保できます。

 

これからあなたは、リサーチをしていきますが、一体どれが中国の商品か見分けがつかないと思います。

数をこなしていくうちに目が養われて、見分けはつくようになりますが、かなりの時間がかかります。

 

間違えてAmazonに出品できない商品をリサーチしようものなら、余計に時間がかかりますので、まずは、Amazonに出品できるジャンルを確認しておきましょう。

これにより中国製品だと見分けがつかなくとも、ある程度仕入の基準を明確にできます。

出品できるジャンルの一覧をご紹介します。

 

3
本やDVDなどは当然、中国語を使用しない日本人は利用しないので、基本的には扱わなくても大丈夫です。

そういった商品を除外してみると下記のジャンルだけになります。

文房具・オフィス用品/ホーム&キッチン/DIY・工具・車用品/おもちゃ&ホビー/スポーツ&アウトドア/ベビー&マタニティ/エレクトロニクス/楽器

下記ジャンルに出品するにはAmazonに前もって申請が必要。(2~3日で可能)

時計/ヘルス&ビューティ/アパレル、シューズ、バッグ/コスメ/ジュエリー/ペット用品

また、Amazonの規約に反する商品の出品も禁止されています。

Amazon:出品禁止用品

こちちらも併せて確認しておいて下さい。

消去法で出品できる商品が明らかになりましたので、少しはどういった商品を扱えばいいのかが、見えてきたのではないでしょうか。

次に、売れている中国製品はどういったものなのか見ていきましょう。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ