新規出品時のUPC・ eanコード(JANコード)免除方法

UPC・ eanコード(JANコード)とは何か

 

まず、JANコードとUPC・ eanコード違いは?

 

JANコードとは日本国内のみの呼称で、国際的にはEANコード(European Article Number)と呼称され、アメリカ、カナダにおけるUPC(Universal Product Code)と互換性のある国際的な共通商品コードです。

 

 

呼び方が異なるだけで機能的にはほとんど同じです。

 

 

Amazonが外資系企業のためこのような海外表記が多くややこしい時があります。

 

 

新規出品する時にこのUPC・ eanコードを入力しなければいけません。

 

 

しかし、そのためには商工場に申請して、日本のJANコードの取得する必要があります。

 

 

JANコード取得には、時間とお金がかかりますので、法人化などを目指すのであれば、申請してもいいでしょう。

 

 

個人規模で始めるにあたっては、今回紹介するUPC・ eanコード免除をAmazonに申請して始めるのをオススメします。

 

 

 

UPC・ eanコード(JANコード)免除の申請手順

 

145

まず、Amazon seller centralのトップページを開いて、

 

最下部の「テクニカルサポートにお問い合わせ」をクリック。

 

 

146

あ問い合わせのインフォメーションが表示されます。

 

在庫と商品情報」のタブを開くと、「商品登録および出品申請」の項目が出てくるので、それをクリック。
 
 
 
147

クリックしたら、

 

リクエストまたは質問の内容商品登録または表示にチェックを入れる。

 

出品申請が必要なカテゴリーを表示し、申請するをクリック。

 

 

148

そして、製品コード免除の許可申請・Amazonブランド登録申請をクリック。

 

 

149

製品コード免除の許可申請・Amazon ブランド登録申請のフォームが表示されます。

 

ほぼ入力必須項目なので、一つ一つ解説していきます。

 

 

①【カテゴリー】

免除を希望するカテゴリーを選択

 

 

②【申請する商品のオンライン販売の年間売上の概算】

ご自身の状況に合わせ選択

 

 

③【商品のコンディション】

新品を選択

 

 

④【会社説明】

Amazonで記載しているご自身の特定商取引法に基づく出品者情報を入力

 

 

⑤【製品コードなしで出品予定の商品、もしくは保有ブランドの概要】

商品の名前、用途、概要を入力

 

 

⑥【申請する商品の1例がわかるよう、現在掲載があるサイトの商品ページのリンクを入力してください。】

出品予定の商品URLを入力

*Amazonやタオバオの商品ページでも大丈夫です。

 

 

⑦【製品コード免除の許可、もしくはAmazonブランド登録を申請するブランド】

ブランド名⇒ノーブランドと入力

申請するブランドとの関係を説明してください⇒1販売者である他は特に無しを選択

 

 

⑧【出品商品のアップロード方法】

セラーセントラルの「商品の新規登録」からを選択

 

 

⑨【製品コード免除申請の理由】

メーカーが製品コードを付与していない商品を選択

 

 

⑩【商品管理番号(SKU)と商品名】

自分で決めたSKUと商品名を入力

 

 

⑪ 【情報・ポリシー > 出品者情報ページで特定商取引法に基づく出品者情報を登録しましたか?】

チェックを入れる

 

 

⑫【担当者氏名】

自分の名前を入力

 

 

⑬【連絡先Email】

お好きなアドレスを入力

 

 

⑭【電話番号】

携帯番号でも可

 

 

⑮【会社名】

Amazonでの店舗名を使用

 

すべての入力が完了したら、「送信」をクリック。

 

155

3~5営業日の審査期間があると記載されていますが、だいたい翌日にはメールで返事が来ています。

 

カテゴリーごとに申請しなければいけませんが、新規出品は高い利益が上げれる一つの手段です。

 

できるだけすべてのカテゴリーでコード免除申請を行い、扱える新規商品数を増やしていきましょう。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ