Amazonの独自の販売形態

いきなりですが、1つのAmazonのアカウントで古本と食品は売れると思いますか?

 

 

答えはYESです。

 

 

Amazonでは同じアカウントで古本と食品を出品していても問題なく売れていきます。

 

 

実店舗となると、古本屋で食品はまず売れません。

 

 

というよりそういう店で買いたいと思いませんよね。笑

 

 

ネットショップだから売れているのかというとそうではありません。

 

 

思い出してみてください。

 

 

他の楽天市場などでも専門の商品しか扱わないですよね?

 

 

仮に楽天市場で古本と食品を同じアカウントで扱っても売れはすると思いますが、整合性がないですよね。

 

 

整合性がなければ、消費者はその店で買いたいとは思わないものです。

 

 

しかし、整合性がなくてもAmazonでは売れます。

 

 

これがAmazonで中国輸入転売をするメリットになるのです。

 

 

Amazonの販売形態はすべての出品者がすべてのカタログページを共有して、商品を出品するという特殊な販売をしています。

 

 

購入者はカタログページから購入するので、いちいち出品者のすべての商品をチェックしません。

 

 

これにより多岐に渡るジャンルの商品を1つのアカウントで扱うことができるのです。

 

 

他の楽天市場などのモール型のネットショップではスポーツ用品店ならスポーツ用品しか扱いません。

 

 

モール型の店舗では、店ごとによりサイトのデザインなどする必要があるので、専門店的な見せ方にしなければならないのです。

 

 

ここがAmazonと他のネットショップとの決定的な違いです。

 

 

中国輸入転売では、法令やAmazonの規約に違反しなければ、ジャンルを問わずどんな商品でも輸入します。

 

 

そのためAmazonの販売形態は中国輸入転売に最適なのです。

 

 

しかし、Amazonでも電気製品など専門的な技術・知識を要する商品については店舗名に●●電気屋などと屋号を付けることにより若干の売上に左右することもあります。

 

 

中国輸入転売のセラーに多いのが雑貨屋という屋号です。

 

 

輸入雑貨などとつけると中国の安っぽさが少し中和され、消費者心理に安心を与えたりもするので、屋号の付け方も重要になってきます。

 

 

長くに渡ってAmazonで販売していると自身のブランドにも繋がってくるので、コロコロ店舗名を変えたりしないで運営することを強くおすすめします。

 

 

Amazonの販売形態を理解すると、いままで扱ったことないような商品にも手を出しやすくなったのではないでしょうか?

 

 

タオバオには何億という商品がまだ眠っているので、ジャンルを気にせず広い視野でリサーチを行ってみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ