長期在庫保管手数料との付き合い方

Amazonの半年に1回の大イベント

 

AmazonのFBA倉庫に納品された商品は、毎年2月15日と8月15日にFBA在庫一掃チェックをおこないます。

 

 

Amazonフルフィルメントセンターに365日以上保管されている在庫を事前に調査し、10cmx10cmx10cmあたり174.857円の長期在庫保管手数料を半年に一度算出し、半年分を課金されます。

 

 

ただし、商品の品揃え維持のため、各ASINに対して今回新たに課金対象となる在庫しかない場合、うち1点は課金対象外となります。

 

 

これはどういう事かというと、同AISINコードの10冊の本をFBA倉庫に納品し、1年経って在庫が残っていれば、初回は10冊のうち1冊は在庫維持のために長期在庫保管手数料の課金対象とはなりません。

 

 

つまり、消費者のためAmazonの在庫を0にしないため1冊は長期在庫保管手数料を課金しませんよということです。

 

 

それ以降は長期在庫保管手数料の対象となりますので、半年後に該当商品の利益と相談して破棄するか、自宅に返送するかを選択して下さい。

 

 

半年1回の在庫一掃チェックを実施前には、Amazonフルフィルメントセンターに365日以上保管されているFBA商品の在庫数料金が事前にメールで送られてきます。

 

 

扱う商品数が100種類以上になるとけっこうな不要在庫になる商品が出てきます。

 

 

ずっと残っているような在庫は日頃からできるだけ値下げして原価分だけでも回収するのが好ましいです。

 

 

1度、自宅に返送して自己発送に切り替えて再度出品するのもいいですね。

 

 

ちなみに返送する料金は小型・標準サイズ51円、大型サイズで103円とかなり安いので積極的に活用していきましょう。

 

 

また所有権の放棄は小型・標準サイズ10円、大型サイズで21円の手数料がかかります。

 

 

大きなサイズの商品だとかなりの保管料がかかりますので、売れ行きが不明の商品は在庫を少なく持つというのが大切です。

 

 

Amazonで販売を始めて間もない方は、テスト販売を重ねてから大きな在庫を持つようにして下さい。

 

 

長期在庫保管手数料は日頃の商品管理でリスクを減らせる経費です。

 

 

ここをおろそかにすると、無駄な経費が余計にかかりますので、在庫の管理に少し目を向けてみてください。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ