ネットビジネス副業と本業の意識の違い

ネットビジネスを副業か本業として取り組むかでは大きな差があります。

 

ここではもちろん中国輸入転売を例にお話していこうと思います。

 

中国輸入転売というのは副業で始めやすいメリットがあるのはもう周知ですが、このメリットというのは既に本業で実践しているセラーからするとデメリットです。

 

ここでのデメリットというのは、参入してくる人が多くなり、儲けられなくなるんじゃないかという不安です。

 

副業で中国輸入転売を始める方は、本業でサラリーマンなどで生計を立てているような人ばかりですので、ビジネスの戦略が違うような人が多いです。

 

例えば、副業で3万円でもいいから、稼ぎたいと考えて参入してくる人は本業があるため時間が取れないので、相乗りの商品ばかり扱う傾向にあります。

 

しかし、その影響か簡単に価格競争が発生し、すぐに商品価格が下がる事態に陥ります。

 

そういった人は始めからお小遣い稼ぎ程度で稼ぐという元で副業でこのビジネスに取り組んでるので、すぐに売りさばこうとします。

 

目指す利益の目標が乖離していて、どうしても利益率の確保の基準にも違いがあり、本業として取り組んでる人にとってはいいことではありません。

 

もちろん、そういうやり方では長くは続きませんので、すぐにその商品から撤退することになりますが、次から次へと参入して、イタチごっことなります。

 

相乗りする時には、こういった副業のセラーもいることを理解した戦略を持つことが大切となってきます。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ