大口契約不要のお得な自社発送の3つの方法

 

Amazonで販売する際には基本的にはFBAでの発送をしているとは思いますが、大きな商品のラインナップの数が少なくなかなかFBA倉庫に送るのが難しい場合や商品が小さくてFBA手数料が高くつき利益が出にくい商品などは自社発送することがあると思います。

 

大口契約していれば、どんな荷物も格安で送ることができますが、まだそこまでの規模でビジネスをできていない場合などに安く利用できる配送サービスを3つご紹介します。

 

 

レターパックプラス・レターパックライト

 

料金は発着地域に関わらず一律で、510円の「レターパックプラス」と360円の「レターパックライト」の2種類があります。

郵便局やローソンで販売されいる専用封筒を購入し、その中に商品を入れてポストあるいは、窓口で受領してもらえるサービスです。

ただし、どちらも配達日や時間を指定できないので、注意が必要です。

 

 

レターパックプラス

 

img_letter_plus01
 
  • 料金は510円。集荷も行う。
  • 手渡し配達(対面配達)であり、受取人が受領証に押印か署名をする。
  • 追跡サービスあり。
  • 約款において「速達扱い」を謳っていないが、実際の送達日数は、在宅ならば速達に近い。留守だと受け取れないので実際の配達日は遅れる。なお、正式な速達扱いではないので、配達が遅れたとしても速達料金相当の料金が返還されることはない。もちろん土日祝は会社や学校宛ては休業が多いので月曜回しになることが多い。
  • 留守の場合、宅配ボックスのあるマンションならば宅配ボックスに配達する。
 

 

レターパックライト

 

img_letter_light01
 
  • 料金は360円。厚さは3cm以内。局にある3cmゲージを通らなければ引受拒否となる。集荷は行わない。
  • 受箱(郵便受け)に配達する。
  • 追跡サービスあり。
  • 約款において「速達扱い」を謳っていない。実際には、郵便局間の輸送は速達扱いであるものの、配達は速達やレターパックプラスと違って最先便配達の義務がなく、昼過ぎまでに配達局に到着したものは当日夜までに配達すれば良いことになっている。もちろん土日祝は会社や学校宛ては休業が多いので月曜回しになることも多い。
 

スマートレター

 

257

 

クロネコメール便の廃止に合わせて郵便局が新しいサービスを提供したのがスマートレターです。

こちらはレターライトの簡易版の位置づけで下の比較画像を見てもらえば、一目でわかると思います。

追跡サービスはありませんが、安くて、小さい商品を送る時などは、利用してもいいかもしれませんね。

 

256

 

 

クリックポスト

 

255

 

郵便局のサービスで、クロネコメール便が廃止されたことにより脚光を浴びています。

主な特徴は、
  • 日本全国一律164円(税込)です。
  • 離島など一部の配達地域を除き、おおむね差出日の翌日から翌々日に届く。
  • 郵便追跡サービスあり
  • 配達希望時間帯や配達希望日の指定はできません。
  • 長辺34cm以下、短辺25cm以下、厚さ3.0cm以下、重さは1kg以内です。
 

このクリックポストはネットですべての受付が完了するので、あとはポストに投函するだけで大丈夫です。

 

利用にはYahoo! JAPAN IDの取得とYahoo!ウォレットのアカウント作成が必要となりますが、どちらも無料で登録できます。

 

決済はYahoo!ウォレットを経由してのクレジット決済のみなので、注意が必要です。

 

クロネコメール便に変わるサービスとして利用できるので、こちらを積極的に利用したいところです。

 

 

はこBOON

 

unnamed

 

こちらはファミリーマートだけで受付されており、荷物の重量と距離で決まるのが特徴であり、軽くて嵩張る荷物の配送に適しています。

 
  • 大きくて、嵩張る商品の場合には安くなる
  • 配達希望時間帯指定ができる
  • 「こわれもの」などの標示ができる
  • 運賃(税抜き額)の1%に相当するTポイントが付与される。
  • 追跡サービスあり
  • 縦+横+高さの合計が160cm以内、かつ重量が25kg以内
 

ただし、近くにファミリーマートがないと利用できないため、限定的な利用となる方が多いのが残念です。

 

郵便局が近くになくFBAパートナーキャリア サービスが利用しずらかった方もファミリーマートの近くに住んでいれば、是非利用をオススメします。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ