Amazonに出品されている商品の商標権を調べる方法

はじめに

 

商標権とういう言葉は一度は聞いたことがあるかと思います。

Amazonで販売する上で商標権は売上を独占したり、アカウントが停止などのペナルティをもたらすなど様々な側面のある事柄です。

この商標権を理解して、利益を独占する方法やアカウント停止を受けないように販売に備えましょう。

 

商標権とは

商標(しょうひょう)とは、商品を購入し、あるいは役務(サービス)の提供を受ける需要者が、その商品や役務の出所(誰が提供しているか)を認識可能とするために使用される標識(文字、図形、記号、立体的形状など)をいい、商品の販売に際しては商品または商品の包装、役務の提供に際しては、役務の提供に使用される物や電磁的方法により行う映像面に付して使用する。

簡単に説明すると、商標は、消費者が錯誤によって需要品を間違って買わないためのものでもあるのです。

そのため商品や包装に自社のロゴやマークなどを印刷するなどで差別化を図っています。

似ているかといって同等の商品を販売することは厳禁です。

Amazon内では法令違反の規約違反は一発アカウント停止です。

 

商標権を犯してしまうと

 

そもそも偽物のブランド商品を販売した場合は、犯罪行為だということはお分かりだと思います。

しかし、Amazon内で商標権を取得したセラーの商品ページに同じ見た目や同じ性能を持つ商品を販売しても偽物の商品を販売する犯罪行為となります。

ノーブランド商品もロゴなどを印字することにより商標権を付与することができます。

この点に気付かずに出品しがちですので、注意して下さい。

法令違反の規約違反はAmazonは厳正に対処を下します。

 

アカウント停止です。

 

2度とアカウントの復活がない重いペナルティです。

輸入した商品が全て無駄になってしまうだけでなく、FBAからの返送などかなり金銭的費用もかかってしまいます。

気をつければ、避けられるリスクなので必ず守って販売するようにして下さい。

 

 

商標を調べる方法

商品やパッケージのロゴなどを確認する

出品しようとしている商品に無いはずのロゴが商品に出品されている場合には、出品は控えて下さい。

265

 

過去の販売履歴を確認する

 

こちらの「Omaker」の商品を例に商標権を確認してみます。

ベストセラー1位ですが、出品者数が1人しかいない商品ページです。

こういったランキングが上位で出品者数が1人の場合は必ず確認するようにして下さい。

 

 

264

PRICE CHECKで過去の出品者数を調べます。

過去の3ヶ月間を見てみると、わかるように出品者数がずっと1人だということがわかります。

この時点でほぼ商標権が登録されれいる商品だということが推測されます。

266

また、確実に商標権が登録されているかを調べるには、特許情報プラットフォームでブランド名を検索してみてください。

「商標権を探す」の検索窓にOmakerと入力して検索します。

検索したところ、1件の検索結果が表示されました。

 

267

 

さらに検索結果を詳しく見てみると、権利者は中国の会社のようなので、中国輸入の会社を運営していることがわかります。

先ほどの商品に関連した商標権が取得されているので、もちろんこの商品は販売候補から除外します。

 

268

 

さいごに

Amazonではパッケージだけに自社ロゴを印字するだけでは、商標権としては認められていません。

しかし、画像などは後からも変更も容易にできるので、商標権が取得されている時点で、出品は控えたほうが無難です。

また商標権を申請するには時間がかかりますので、商標権が反映されていないこともありますので、商品にロゴなどが印字されている場合も出品は控えて下さい。

商標権を取得して、商品に印字している商品というのは、利益が多く取れる商品だからということです。

こういったことを逆手に取ってどのような商品が売れるかというリサーチもしてみてください。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ