輸入に関しての注意点

輸入では「小さく・こわれにくい・軽い」ものを扱えと言われていますが、これは利益確保のために守ってほしいことです。

しかし、1番大事なのは輸入に関しての法律を守ることです。

いっても仕入のルートがタオバオと決まっているので、出品されているものであからさまに法律に触れるような商品といえば、コピー品だけです。

ですが、意外な商品も輸入して販売すると、法律に触れる恐れもあります。

またAmazonの出品規約にも共通することなので、しっかり確認して下さい。

 

輸入が禁止されているもの

以下のものについては、関税法でその輸入が禁止されています(関税法第69条の11)。これらの禁止されているものを輸入した場合には、関税法等で処罰されることとなります。
  1. 麻薬、向精神薬、大麻、あへん、けしがら、覚せい剤、あへん吸煙具
  2. 指定薬物(医療等の用途に供するために輸入するものを除く。)
  3. けん銃、小銃、機関銃、砲、これらの銃砲弾及びけん銃部品
  4. 爆発物
  5. 火薬類
  6. 化学兵器の禁止及び特定物質の規制等に関する法律第2条第3項に規定する特定物質
  7. 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第6条第20項に規定する一種病原体等及び同条第21項に規定する二種病原体等
  8. 貨幣、紙幣、銀行券、印紙、郵便切手又は有価証券の偽造品、変造品、模造品及び偽造カード(生カードを含む)
  9. 公安又は風俗を害すべき書籍、図画、彫刻物その他の物品
  10. 児童ポルノ
  11. 特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権、著作隣接権、回路配置利用権又は育成者権を侵害する物品
  12. 不正競争防止法第2条第1項第1号から第3号までに掲げる行為を組成する物品
(税関ホームページより引用)

以上のものはタオバオでも扱ってないような商品ばかりなので、まず心配する必要はないです。

 

届出の必要なもの

販売の用に供し、または営業上使用することを目的として輸入する次のもの
  1. 食品
  2.  食品添加物
  3.  器具
  4.  容器包装
厚生労働大臣が指定するおもちゃ(いわゆる「乳幼児用おもちゃ」)

ア. 乳幼児が口に接触することをその本質とするおもちゃ

イ .アクセサリー玩具(乳幼児がアクセサリーとして用いる玩具をいう),うつし絵,起き上がり,おめん,折り紙,がらがら,知育玩具(口に接触する可能性があるものに限り,この号に掲げるものを除く),つみき,電話玩具,動物玩具,人形,粘土,乗物玩具,風船,ブロック玩具,ボール,ままごと用具

ウ. 前号のおもちゃと組み合わせて遊ぶおもちゃ

コップなど口につけるようなものは、事前に届出必要です。

スプーン、フォークなども取り扱うのは控えるべきですね。

 

 

 輸入はできるが、国内法により販売できないもの

【技適認証】
無線機器やBluetooth搭載商品など

 

【コンセント使用品】
(電気用品安全法 PSEマーク商品)

中国のコンセント電源は220Vになっています。

また、コンセントの形状が日本とは異なるため
コンセントを電源とする商品は日本では使えません。

なかには輸出用で100V用の電源アダプターを付けて
販売している販売店もあります。

 

輸入は出来ますが、日本では電気用品安全法という法律があります。

なので、そのまま国内で販売することはできません。

電池、直流電源で動作する製品に関しては、PSEマークの取得が
不要です。

 

【ヘルメット、石油ストーブ、ライターなど】
消費生活用製品安全法に該当するもの
(消費生活用製品安全法 PSCマーク商品)

 

 

航空輸送に適さないもの

1.液体物が含まれているもの(飛行機に積めないため)
2.リチウムイオン電池(発火の恐れがあるため)
3.ガラスを主とした商品など壊れやすいもの、易損品

 

以上が輸入するときに注意すべき商品です。

 

代行業者を利用するためこういったものを輸入する際は事前に確認してくれますが、最終的な責任は当事者にあるので、しっかりと頭に入れておきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ