成功のため雑でも最後まで進めることが重要

1つの1つの段階を踏んでビジネスというのは完成していきます。

 

しかし、この1つ1つのステップを完璧にこなそうとすると、かなり時間もかかりますし、集中力も徐々に欠如していきます。

 

商品説明にしても、デザインにしても完璧を求めようとすると、なかなか前に進みません。

 

そうではなくて、雑でも良いのでスタートして実際に全部通して実行すれば良いのです。

 

最初の段階でつまずいても、とりあえず次の段階に進んで作業をして下さい。

 

これは勉強する時も同じです。

 

例えば英語の勉強をするときでも、文章ごとに確認しても理解が進みません。

 

そこで、全体を通せばたとえ単語の意味が分からなくても、文章の流れから言いたいことが伝わってくるはずです。

 

理解が深まってくると、つまずいていた箇所もできるようになり、作業もスムーズに進んで行くはずです。

 

また、どれだけ完璧だと思っていたとしても、行動して経験値が溜まってくると過去に完璧だと思っていたものがダサく見えてきます。

 

それだけ成長したということにもなりますが、そこでまた修正を加えれば良いのです。

 

大人になるほど、「完璧にしなければいけない」と多くの人が思います。

 

しかし、完璧を求めれば求めるほど成功から遠ざかっています。

 

とりあえずは、1つの形にしていくことが非常に重要です。

 

形になれば、少なからず稼ぐための基盤はできているので、ここからまた収益を最大化させるためにトライ・アンド・エラーで改善策を考えていきましょう。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ